スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)

 厚生労働省は5日、平成22年度の診療報酬改定で新たに導入される休診時間帯に開業医が行う電話相談サービスの実施基準を発表した。開業医の負担増に配慮して24時間対応の義務付けは見送り、留守番電話で対応した上で速やかに返答する方式を認めるなど当初想定していた基準を緩和した。ただ、実際に開業医から速やかに連絡が返ってくるかは患者しかチェックすることができず、新サービスが十分に実施されないまま患者が再診料の上乗せ料金(地域医療貢献加算)を支払う可能性もある。

 新サービスは、軽症患者が救急病院に集中しないよう、開業医が深夜や休日の休診時間帯にかかりつけ患者の電話相談を行うもの。新サービスを行う開業医は診察券に携帯電話の番号など緊急時の連絡先を明示し、原則的にいつでも電話相談に応じる。ただ、開業医に負担が集中しないよう留守番電話での対応のほか、診療所職員との分担や地域の複数の開業医による輪番制も可能とする。

 厚労省は、患者からの留守番電話には1時間程度以内に返答するよう求めており、「深夜の留守番電話に朝まとめて対応するのは不可」としている。

【関連記事】
開業医電話相談「24時間」義務付けは見送り 診療報酬改定で厚労省
診療報酬22年度改定 30床の療養病院 在宅患者の暮らし支える
自民離れ加速する支持団体…民主の顔色うかがう
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要
診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

普天間5月決着失敗なら、下地氏「連立離脱」(読売新聞)
核密約で参考人招致へ 外務委(産経新聞)
火災 静岡・三島の老人ホーム、焼け跡から1遺体(毎日新聞)
【風】観光活性化、無料化に期待も(産経新聞)
<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)

【Web】奈良県民はネット犯罪に強い?(産経新聞)

 セキュリティーソフト会社「シマンテック」は、全国の4700人を対象に「インターネット利用時の防犯意識と実態」について調査を行い、県民性を分析した。それによると、ネット犯罪被害に最もあいにくいのは「堅実」で「情報に敏感」な奈良県民。逆に、ネット犯罪にあう可能性が最も高いのは「好奇心が旺盛で流行(はや)りものに飛びつく」香川県民と、「衝動的な言動が多い」秋田県民−としている。

内職の教材35万円…職の斡旋なし 1500人被害、教材販売会社社長ら逮捕(産経新聞)
【Web】水没ケータイの復旧サービス登場(産経新聞)
一家4人死亡 長男、長女も銃で(産経新聞)
<高校無償化法案>朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党(毎日新聞)
<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)

弘道会本部を家宅捜索=みかじめ料要求、組員逮捕−愛知県警(時事通信)

 みかじめ料を脅し取ろうとしたとして、愛知県警捜査4課などは4日までに、恐喝未遂容疑で、指定暴力団山口組弘道会系組員浜坂康之容疑者(42)=同県北名古屋市西之保=を逮捕し、同日、弘道会本部事務所(名古屋市中村区)など関係先計7カ所を約170人態勢で家宅捜索した。
 山口組組長の出身母体である弘道会の重点取り締まりを、安藤隆春警察庁長官が昨年9月に全国の警察に指示して以来、弘道会本部への家宅捜索は大阪、京都両府警に続き3回目。
 逮捕容疑は1月26日午後7時15分ごろ、名古屋市中区錦の路上で、食品の移動販売をしていた男性(38)に「ここでやるならショバ代がいる。相場は2万円だ」などと言い、みかじめ料を脅し取ろうとした疑い。「全く知らない」と容疑を否認しているという。
 同課によると、浜坂容疑者は「警ら」と称して6人1組の3班交代制で名古屋市内の繁華街を巡回し、みかじめ料を集め、上部組織の弘道会に上納していたとみられる。 

【関連ニュース】
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
「金地金買った」と詐欺=計1560万相当被害か
指定暴力団稲川会会長が死去
自宅立ち寄りや飲食で便宜=容疑者に、警部補2人戒告
浜崎あゆみさん宅に脅迫状=5億要求、「社長宅焼く」

6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も−大阪府警(時事通信)
高齢者居住安定化モデル事業の選定事例を紹介(医療介護CBニュース)
公認会計士を起訴=グッドウィル買収仲介脱税−東京地検(時事通信)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)

火災 住宅全焼 家族4人が死亡か 群馬・伊勢崎(毎日新聞)

 5日午前9時10分ごろ、群馬県伊勢崎市境保泉(さかいほずみ)、石材業、藤生(ふじう)一郎さん(53)方から出火、木造2階建て住宅を全焼した。焼け跡から3人が遺体で見つかり、女性1人が病院に運ばれたが死亡が確認された。県警境署などによると、藤生さんら家族4人と連絡が取れなくなっており、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、藤生さんは妻(53)と長男(26)、長女(24)の4人暮らし。

 現場近くの女性(63)は「バーンという音がしたので、交通事故かと思って外に出ると、さらにバンバンと爆発音がし、居間から火柱が上がった。助け出そうとドアのチャイムを鳴らす人がいたが反応はなかった」と話した。別の主婦(60)は「爆発音で外に出ると、火柱と黒煙が上がっていた。『火事だ』と叫ぶ声も聞こえた」と話した。藤生さん夫婦は中学、高校時代の同級生同士で仲が良かったという。長男は藤生さんと同じ職場で働き、長女は会社員という。

 現場は、東武伊勢崎線剛志駅から北西に約200メートルの住宅と田畑が混在する地域。【鳥井真平】

【関連ニュース】
宮城アパート火災:重体の2歳長男も死亡
群馬たまゆら火災:理事長、施設長を起訴 業過致死罪
火災:アパート爆発 1人死亡3人やけど 福島・矢吹町
火災:住宅全焼1人死亡 栃木・真岡
火災:団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス

会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)
元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)
<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)
<君が代>不起立で処分の都立校教職員50人が提訴(毎日新聞)
<ニイウスコー粉飾>日本IBMを強制調査 証取監視委(毎日新聞)

奈良の妊婦遺族の請求棄却 「救命の可能性低かった」 大阪地裁(産経新聞)

 奈良県大淀町の町立大淀病院で平成18年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明に陥った同県五條市の高崎実香さん=当時(32)=が19病院から転院を断られた末に死亡した問題で、夫の晋輔さん(27)らが診断ミスが原因として、町と同病院の担当医に約8800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、大阪地裁であった。大島真一裁判長(島村雅之裁判長代読)は「最善の措置をして直ちに搬送しても、病態の進行が急激で救命の可能性は極めて低かった」として請求を棄却した。

 判決によると、実香さんは18年8月7日に分娩が始まり、8日午前0時過ぎに脳出血して意識を失った。医師は午前1時50分に転送先を探し始め、午前5時ごろに大阪府内の病院への転送を開始。実香さんは16日に脳出血で死亡した。

 原告側は「脳病変を疑ってCT検査を実施するべきだった」と病院側の過失を主張したが、大島裁判長は「CT検査が早期搬送の妨げとなることも考えられ、検査よりも高度医療機関への迅速な搬送を優先した判断に過失があったとは認められない」とした。

 判決を受けて原告の晋輔さんは「残念。実香に申し訳ない」と話した。控訴については今後検討するという。一方、大淀病院は「判決は審理が尽くされた結果。病院としてはさらに医療体制の充実に努力する」とコメントした。

【関連記事】
「妻は助かったのではないか」妊婦死亡訴訟判決前に夫が心境
妊婦さんも駐車OK 来年4月新設の高齢者専用区間
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡
また奈良・生駒…救急搬送9病院が断る 1時間20分後に大阪へ
奈良・生駒の83歳、救急搬送8回断られ3日後死亡 透析理由に
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<チリ地震>24時間態勢で情報収集…岩手県(毎日新聞)
島根女子大生遺棄 懸賞金300万円、ビラ4万枚配り呼び掛け (産経新聞)
結婚詐欺・連続不審死 殺人罪で木嶋容疑者起訴(産経新聞)
朝鮮学校の無償化「結論出てない」首相が修正(読売新聞)
指定暴力団稲川会会長が死去(時事通信)

<名古屋女性殺害>被告が控訴取り下げ 懲役17年判決確定(毎日新聞)

 携帯電話サイトで知り合った女性を殺害したとして殺人罪に問われ、名古屋地裁の裁判員裁判で懲役17年(求刑・懲役18年)の判決を受け、控訴していた津市の無職、永原勇気被告(24)が控訴を取り下げ、1審判決が確定した。取り下げは8日付。1審判決によると、永原被告は09年6月9日、名古屋市内のホテルで女性(当時26歳)の首を両手で絞めて窒息死させた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:取り調べDVDを上映 佐賀の強盗殺人事件
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件

【政論】夫婦別姓 3分の2が違和感…子供の視点を(産経新聞)
<掘り出しニュース>異種類のサル2頭が仲良く同居(毎日新聞)
<妻殺害>出頭の夫逮捕「カッとなり首絞めた」 神奈川(毎日新聞)
参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(3)(産経新聞)

<固体化リチウム電池>常温以下で作動、世界初 三重で成功(毎日新聞)

 三重県は23日、三重大や民間企業と連携して開発に取り組んでいる新型リチウム電池の試作品を発表した。正極と負極の間の電解質層を固体化した電池では、世界で初めて常温以下で作動させることに成功したという。開発に参加している同県産業支援センター(同県四日市市)は「実用化に向けて大幅な前進だ」と話している。【岡大介】

 リチウム電池は携帯電話などに使われているが、電解質層には液体を使っているため、まれにガス化して火災を起こす恐れがある。固体化すれば安全になる上に、形状を自由に変えたり、低コストで大量生産できる利点があるが、これまで60度以上の高温でないと作動しない電池しか作れなかった。

 そこで、低温でもイオンを通すポリマー(プラスチック)を開発し、今回の「全固体ポリマーリチウム二次電池」の試作に成功した。0度の低温でも正常に作動するという。同センターは「薄くて形状を変えられるため実用化できれば今後、普及が見込まれる電子ペーパーなどにも使える」と期待している。

【関連ニュース】
ザインエレクトロニクス(6769)は大幅続伸 「電子ペーパー向けLSIに参入」報道で関心を集める
ディスプレー:電子ペーパー、3Dなど一堂に 国際展示会始まる

被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて−警察庁(時事通信)
<山本病院事件>逮捕の医師が拘置中に死亡 奈良(毎日新聞)
<交通違反>同僚妻見逃し 署課長ら8人送検 2人は停職(毎日新聞)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)
首相官邸に対策室設置…チリ地震津波で(読売新聞)

病院建設現場でクレーン横転…1人重体(読売新聞)

 22日午後2時35分頃、長野県駒ヶ根市下平の県立駒ヶ根病院本館棟建設工事現場で、工事用のクレーンが倒れ、1人が下敷きになったと119番があった。

 伊南消防行政組合本部によると、工事関係者とみられる男性4人が、同市内の病院に運ばれたが、1人が意識不明の重体で、3人は軽傷の模様。

IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)
東京23区でも積雪か=気象庁(時事通信)
JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念(産経新聞)
<岐阜刑務所>看守部長が同僚の金盗み懲戒(毎日新聞)

大麻事件 摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(毎日新聞)

 大麻の所持や栽培などの09年の摘発件数・人数は3903件(前年比1.9%増)、2931人(同6.3%増)で、ともに過去最多となったことが警察庁のまとめで分かった。一方、航空機を利用した小口の持ち込みが拡大し、覚せい剤の密輸摘発も164件(同113%増)、219人(同125.8%増)と急増、平成に入り最多となった。

 大麻の摘発件数のうち、栽培が前年比13.9%増の312件で、過去最多になった。05年の155件から倍増している。インターネットなどを通じた種の入手の容易さや罪悪感の希薄化が影響しているとみられる。

 逮捕・書類送検された2931人のうち、少年と20代を合わせた若年層の比率は61.4%(同1.3ポイント減)と過去5年間で最低だった。初犯者の割合も84.8%(同0.7ポイント減)と減ったが、ともに高いレベルで推移している。

 覚せい剤の密輸は、航空機による小口密輸が例年は4〜7割だったが、09年は77.4%に増加。東南アジアや北米などに限られていた密輸入先がアフリカやメキシコ、中東にも広がったことなどが背景にあり、08年に1グラムあたり約10万円だった末端価格が約1万円も下落したという。

 一方、拳銃の押収は407丁で、前年に比べ17.3%減った。警察庁は「組織防衛の強化で、第三者に預けたり分散して隠すなど、潜在化している」とみている。【長野宏美】

【関連ニュース】
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
大麻所持:ネパールで日本人容疑者逮捕 搭乗図る
大麻所持:ミュージシャンを容疑で逮捕−−神奈川県警
特集ワイド:それでも大麻、吸いますか? 「たばこより無害」の大きな誤り(3/3ページ)
キャンパスアンケート:大麻入手可能が過半数 でも大部分が吸いたくない

<首都圏・雪>早大入試にも影響(毎日新聞)
雑記帳 占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
<成田スカイアクセス>7月17日開業予定 都心と空港結ぶ(毎日新聞)
長崎知事選 「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)

絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)

 瀬川 康男氏(せがわ・やすお=絵本画家)18日午前10時8分、直腸がんのため長野県小布施町の病院で死去、77歳。愛知県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻朱々子(すずこ)さん。
 代表作の「ふしぎなたけのこ」(66年)は、67年の第1回ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)でグランプリを受賞。「いないいないばあ」(67年)は刊行以来400万部を超えるロングセラーとなっている。 

USTR代表補と会談へ=郵政改革で−内閣府副大臣(時事通信)
<鳩山首相>エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意(毎日新聞)
<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
<鳩山首相>政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
予算案、年度内成立へ=3月1日にも衆院通過−与党方針(時事通信)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
カードでお金
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    カナ (08/29)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    茂男 (02/23)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    志波康之 (01/14)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    カドルト (01/09)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    オリンキー (01/05)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    サキューン (12/31)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    ちょーたん (12/11)
  • <酒井法子さん>映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM